お知らせ

料亭中谷がお送りする、日本の伝統行事を演出する、旬の料理のお知らせ。季節の地元素材を生かしてご家族や職場の思い出のひと時に華を添えます。

兜の前の男の子。陣羽織。

端午の節句。男の子。

こんんちは。5月5日は端午の節句。男の子の成長を祝う大事な節句です。
中谷では勇ましい男の子の門出のお祝いとして、おいしい日本料理で演出いたします。
ちょっとかわいいコスプレで、若武者ぶりを発揮してください。
 
お子さんを囲んでの楽しい人とき、中谷ではできるだけお客様のご要望に沿えるように、務めております。
ぜひご要望をお伝えください。精一杯頑張ります。
皆様のご家族の貴重な思い出のひと時となりますように。。。


春分は、夜が長い暗い冬から、昼がだんだん長くなり、昼と夜の長さが同じになる日です。
この日を昔の人は「自然に感謝し春を祝福する日」だと感じていました。地方によってはこの日の前後に、家族でご先祖様のお墓参りに行く習慣もあります。
春分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)を彼岸と呼びます。 最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」中谷では、おいしいお料理でご来店をお待ちしております。特に、牡丹餅を食べてみたい!という場合は、事前にご予約をお願いします。(#^^#)


3月3日は桃の節句ですね。女の子の幸せを願ってひな祭りが行われます。
中谷では、お雛様をや桃の花を飾ち、お寿司でお祝いの料理を提供します。お子様に人気の「デコ寿司」はケーキみたいで、かわいいですよ。ぜひご家族の思い出を中谷で演出させてくださいませ。ただいまご予約受付中です。


中谷の恵方巻は料亭の味

中谷の恵方巻

こどもがかぶりつく、恵方巻の写真です。

がぶり、恵方巻

中谷の恵方巻は、料亭の味!ご注文は、お電話で。限定50本のみとなっております。
ご注文は、お電話で、0835-27-2030まで。お急ぎください!

「恵方巻き」といえば、恵方を向いて丸かぶりする。しかし、案外きちんとした食べ方は知られていません。
神様に願い事を聴いてもらえるように、日ごろの行いを反省しつつ、厳かに行いましょう。
恵方巻きを食べる日は2018年2月3日!2月3日(土)です!2018年の春の節分ですね。ちなみに恵方は、南南東です!
ちなみに、節分は旧暦では毎年決まっていませんでした。
節分というのは、立春(冬と春の分かれ目。旧暦では正月にあたる)の前日です。

太陽暦でも、月と太陽の関係で誤差があるようで、2025年頃から、立春が1日ずれてしまい、節分が2月2日になる・・・と言われています。
早ければ2021年頃から・・・という予測もあります。
ま、何日になろうが、要するに「節分の日」だと考えておけば、よいのです。


中谷では、お雛様のお祝いを、ホールケーキのようなデコレーション寿司をご用意しております。 お子様、お孫様にきっと喜んでいただけると思います。
ちょっとかわったお寿司ですが、お雛様のお祝いとしてはぴったりだと思います。
ご家族水入らずで、素敵なお雛様の思い出づくりを演出で切れば、大変しあわせます。 みなさまご一緒にお楽しみください。


お電話でのご予約・お問い合せはこちら(受付時間 8:00〜23:00)

電話番号:0835-22-0622