日本の伝統行事と料理

日本の伝統、「結い」の文化、そこには、伝統の日本料理が添えられています。伝統行事のいわれと料理に込められた人々の願いに思いを馳せてみてください。 料亭中谷では、季節の旬の食材を、やさしい味付けでお届けいたします。ご家族の思い出のひと時を、ながく皆様のご記憶にとど目ていただけるように、心を込めたおもてなしを心がけております。

中秋の名月。このころは気候も穏やかで、空気も澄んでいるので本当に月がきれいです。


中秋の名月の写真

中秋の名月

陰暦8月15日(9月12日)の満月は中秋の名月と称えられ「月見」が行われます。このお月見の風習は平安時代に中国から伝わり、藤原氏全盛時代には盛んに月見の宴が催されました。特に近江八景の一つ石山寺での観月は有名です。紫式部が「源氏物語」の発想を得たのもこのお寺とされています。伝承では寛弘元年(1004年)紫式部が石山寺に一週間ほど参篭し写経をしていた際、8月15夜の名月のあまりの美しさにひらめきを得て「須磨」「明石」の巻になったとされています。

月をめでて、素朴な月見団子や、里芋の煮物を味わいます。風流な習慣ですね。


月見団子の写真

月見団子

団子を供える習慣は、江戸時代から始まったと言われています。
お月見に「これからの収穫」を祈るという気持ちで収穫物である、米の団子を用意したのが月見団子だと考えられています。
つまり、お月見にお供えものをするのは、月が信仰の対象でもあったからです。そして、この時期の収穫に感謝し、収穫物をお月様にお供えするようになったということでしょう。
供える月見団子は、穀物の収穫に感謝を表すため、月のように真ん丸団子を作ってお供えしたのが、月見団子の始まりです。
月に見たてた丸い団子ですが、地域に根ざした様々な月見団子があります。例えば、江戸では丸型、京都では芋型だったとも言われています。

では、十五夜に、月見団子やススキを供えるのはなぜでしょう。それは、月を信仰の対象としていたためで、収穫に感謝するためだったようです。ススキを飾るのは、ただ単に稲穂(お米)に似ているからで、本物の稲穂を供えることもあるようです。


お電話でのご予約・お問い合せはこちら(受付時間 8:00〜23:00)

電話番号:0835-22-0622