日本の伝統行事と料理

日本の伝統、「結い」の文化、そこには、伝統の日本料理が添えられています。伝統行事のいわれと料理に込められた人々の願いに思いを馳せてみてください。 料亭中谷では、季節の旬の食材を、やさしい味付けでお届けいたします。ご家族の思い出のひと時を、ながく皆様のご記憶にとど目ていただけるように、心を込めたおもてなしを心がけております。

人日の節句(じんじつのせっく)にいただく春の七草は、お正月のごちそうに疲れた胃腸をいたわる知恵です。


春の七草の写真

春の七草

「人日」とは五節句の最初の節句で、陰暦の1月7日のことをいいます。人を尊重する日です。
お正月最後のこの日は、古来より春の七草を入れた粥を食べる習わしがあります。七草粥を食べて、1年の豊作と無病息災を願います。
七草は芹、なずな(ぺんぺん草)、五行(母子草)、はこべら(はこべ)、仏の座(田平子(たびらこ))、すずな(蕪(かぶ))、すずしろ(大根)です。旬の生き生きした植物である七草を粥にして食べれば、自然界から新たな生命力をもらえ、無病息災で長生きができるとされていました。
 
日本には古くから年の初めに雪の間から芽を出した若菜を摘む、「若菜摘み」という風習がありました。
この「若菜摘み」とは関係なく、平安時代には、中国の年中行事である「人日」(=人を殺さない日)に作られる「七種菜羹(ななしゅさいのかん=7種類の菜が入った吸い物)」の影響を受けて、7種類の穀物で使った塩味の利いた「七種粥」が食べられようになったそうです。
その後、「七種粥」は「若菜摘み」と結びつき、7種類の若菜を入れた「七草粥」になったと考えられます。
江戸時代には、幕府が公式行事として「人日」を祝日にしたことで、「七草粥」を食べる風習が一般の人々にも定着していったようです。

春の七草粥はとてもヘルシーな胃腸に優しい料理です。


春の七草粥の写真

春の七草粥

七草は、芹、なずな(ぺんぺん草)、五行(母子草)、はこべら(はこべ)、仏の座(田平子(たびらこ))、すずな(蕪(かぶ))、すずしろ(大根)です。かつては、前日に野山で菜を摘み、年棚(歳神を祭った棚)の前で七草囃子(ななくさばやし)を唄いながらすりこ木でたたいたそうです。こうすることで、七草の力をさらに引き出すことができると考えられてました。

丁寧に細かく刻まれた七草粥は、正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、ビタミンCを補う効果もあります。
春の野草は苦みがありますが、この苦みは春に多いアレルギーの予防になり、又胃の働きを活発にして新陳代謝をアップさせます。
 
料亭中谷では、春の息吹をやさしく炊き込み、ほのかな味つけでお出ししております。
ぜひ一度お試しください。お酒のあとのしめの一膳に最適です。


お電話でのご予約・お問い合せはこちら(受付時間 8:00〜23:00)

電話番号:0835-22-0622